Windows8.1を使っていてパソコンが重いと思ったら試すこと

今、あなたがWindows8.1搭載のパソコンを持っていて、動作が非常に遅いと感じたことはあるでしょうか。
買って間もないのに、常に電源ボタン横のアクセスランプが光りっぱなしになっているとか、タスクバーで見てみると、メモリの使用量やディスクアクセスを頻繁に繰り返しており、使い物にならないレベルでパソコンの動作が重くなることがあります。

そんな時にまず試してみていただきたいのが「自動メンテナンス機能」をオフにすることです。
実はWindows8.1には自動メンテナンスという機能がついており、何もしなくても自動的にパソコン内部を調べ、メンテナンスをする機能がついています。しかし、これがネックとなり、常にディスクアクセスをしているような状況になりますので、別の作業をしようとしてもできなくなってしまうのです。

解除方法は、キーボードの左下のWindowsボタンと「R」キーを押し、「ファイル名を指定して実行」のボックスを出します。そこに「taskschd.msc」と入力し、「タスクスケジューラー」を出してください。その後の手順はこちらになります。

  1. 左側の「タスクスケジューラーライブラリ」から「Microsoft」、「Windows」、「Task Scheduler」を出します。
  2. 一番下の「Regular Maintenance」をクリックし、「トリガー」をクリックします。
  3. 毎日何時に自動的にメンテナンスを行うかが指定されているので、その条件をクリックして右側の「プロパティ」をクリックします。
  4. 「Regular Maintenanceのプロパティ」を出し、さらにそこからまた「トリガー」をクリックします。
  5. 毎日何時という条件もクリックして「編集」から「無効」をクリックして終了です。

つまり、指定時間にメンテナンス機能を働かせなくするための措置です。ディスクに常にアクセスしている機能はこれでオフにすることができます。
これでも解決しなければ自分にマッチしたおすすめノートパソコンを新たに購入しましょう。

2014年6月3日 Windows8.1を使っていてパソコンが重いと思ったら試すこと はコメントを受け付けていません。 パソコン活用術