パソコンを早く快適に安心して使う方法

パソコンのデータを記録する物にハードディスクドライブ(HDD)があります。
容量は今ではノートパソコンでも1TBのクラスになり大容量のファイルである動画も沢山保存する事ができますが、HDDには大きなデメリットがあります。
HDDは非常に衝撃に弱いので落下させてしまえば壊れて中のデータが読み書きできなくなったりしますが、日常的な利用でも読み書きの速度が遅いのでパソコンの性能の足かせとなっています。
いくら早いCPUやメモリを搭載してもデータを最初に読むのはHDDの為速度が遅いと起動やソフトの立ち上がりが遅くなります。
それに変わるのがSSDと呼ばれるソリッドステートドライブという記憶装置で読み書き速度はHDDの4倍以上です。
そのために市販で購入したパソコンでHDD搭載機であればそれをSSDに変更するだけで速度が劇的変わます。
SSDにするだけで2005年製の古いノートパソコンでも現在のノートパソコンのHDD搭載機よりも体感速度が早くなる程です。
SSDにする事でパソコンを早く快適になりますが、それだけではなく衝撃にも強いので落下させた程度であれば壊れる事は殆どないので、
特にノートパソコンで移動をしながら使う場合などは安心して使う事ができます。
SSDはHDDと比べて容量は256GB程度で値段も2TBのHDDよりも高いですが、実際にパソコンのシステムやソフトだけであれば十分使える容量です。
ユーザーが作成した大容量のデータがあり容量が不足する場合にはSSDを導入した後に外付けHDDなどを導入する事で、本体の速度に依存せずに快適な速度で大容量のデータを使う事ができます。

パソコン内部の余分なファイルを一気に掃除するために使うフリーソフト「CCleaner」

パソコン内に溜まった不要なファイル、ごみなどを一括で掃除してくれるフリーソフト「CCleaner」があれば、あなたのパソコンの状態はまた元のように綺麗になることと思います。
CCleanerのサイトからソフトをダウンロードしたらまず行うことは、インストール後にすぐCCleanerを起動させ、画面下の「解析」を押します。初期設定状態でも大丈夫ですので押してみてください。

そうすると、インターネット一時ファイルやサムネイルのキャッシュ、クリップボードに貼り付けたもの、アプリケーションで使われたキャッシュや余分なファイルなどの一覧が表示されますので、今度は右下の「クリーンアップ開始」を押せばそれらのファイルが一括で削除され、クリーンな状態になります。

ここで注意なのですが、起動時には左上のメニューの「クリーナー」が選択されています。その下の「レジストリ」ですが、これは上級者向けですので、パソコンにあまり詳しくない方は選択しないでください。あくまでもクリーナー機能のみを使用してパソコン内の不要なファイルを削除するようにしましょう。

また、CCleanerの「ツール」ボタンをクリックすると、現在インストールされているプログラム一覧が表示されます。ここからアンインストールが可能です。

オプションでクッキーの削除リストなども設定できますので、自分好みにファイル削除を行える効果的なツールとなっています。無料ですので気軽に使える上、余分なファイルを一気に掃除したい場合におすすめなソフトです。

パソコンで色々なお金が浮いて節約になる

パソコンのインターネットを通じて色々なお金が浮くようになりました。個人がパソコンでお金を稼ぐことも可能です。電気屋でパソコンを買うとなると10万円以上の高額なパソコンばかりになりますが、インターネットでパソコン会社から直接購入すると、電気屋を通していないので数万円安く買うことができますし、電気屋に置いてあるような無駄な機能が沢山付属しているパソコンではなく、自分が希望するオプションのみを付けたパソコンを買うことができ、安いと三万円程度で快適なパソコンを手に入れる事ができます。
普通のお店で買うよりも安くなる物は他にも色々な商品があります。

インターネットオークションを利用すれば個人が出品している商品を安値で買うことができますし、新古品なども安く手に入ります。インターネットバンクを持っていると通信販売でのやり取りの際に、振り込み料金が無料になるという得点がある通販会社も多数存在しています。今更な話ですが郵送で手紙を送るとなると日数も掛かりますし、はがき代や切手代も必要になりますがパソコンですと数秒で届き、更に無料です。

試し読みをしてみたい漫画も、インターネットで一巻だけならば無料公開をしている漫画も多く試し読みに最適ですし、更に有料な巻であってもネットで買うと本物の本を買うよりか安くなりお金が浮いてしまいます。

今日の一言:東京に住む友人から連絡があり、フレッツ光に加入したいがキャンペーンかなにかやっていないかと相談されました。その友人はパソコンをこれまでに購入したことがなく、全くわからないので私が変わりに調べてあげました。なんと、フレッツ光東京では豪華特典がプレゼントされているようです。さっそく友人に教えてあげたら大喜びしてくれました。皆さんも東京に住んでいるならフレッツ光がおすすめですよ。

Windows8.1を使っていてパソコンが重いと思ったら試すこと

今、あなたがWindows8.1搭載のパソコンを持っていて、動作が非常に遅いと感じたことはあるでしょうか。
買って間もないのに、常に電源ボタン横のアクセスランプが光りっぱなしになっているとか、タスクバーで見てみると、メモリの使用量やディスクアクセスを頻繁に繰り返しており、使い物にならないレベルでパソコンの動作が重くなることがあります。

そんな時にまず試してみていただきたいのが「自動メンテナンス機能」をオフにすることです。
実はWindows8.1には自動メンテナンスという機能がついており、何もしなくても自動的にパソコン内部を調べ、メンテナンスをする機能がついています。しかし、これがネックとなり、常にディスクアクセスをしているような状況になりますので、別の作業をしようとしてもできなくなってしまうのです。

解除方法は、キーボードの左下のWindowsボタンと「R」キーを押し、「ファイル名を指定して実行」のボックスを出します。そこに「taskschd.msc」と入力し、「タスクスケジューラー」を出してください。その後の手順はこちらになります。

  1. 左側の「タスクスケジューラーライブラリ」から「Microsoft」、「Windows」、「Task Scheduler」を出します。
  2. 一番下の「Regular Maintenance」をクリックし、「トリガー」をクリックします。
  3. 毎日何時に自動的にメンテナンスを行うかが指定されているので、その条件をクリックして右側の「プロパティ」をクリックします。
  4. 「Regular Maintenanceのプロパティ」を出し、さらにそこからまた「トリガー」をクリックします。
  5. 毎日何時という条件もクリックして「編集」から「無効」をクリックして終了です。

つまり、指定時間にメンテナンス機能を働かせなくするための措置です。ディスクに常にアクセスしている機能はこれでオフにすることができます。
これでも解決しなければ自分にマッチしたおすすめノートパソコンを新たに購入しましょう。