パソコンの掃除方法

パソコンは、とても埃の溜まりやすく汚れが付きやすい精密機械です。
毎日、使用していると気づかない間に汚れが溜まって故障の原因になってしまいます。そんなパソコンの掃除の仕方です。
ノートパソコンは、下手に分解すると元に戻りませんから表目の汚れを柔らかい布で拭きます。手で持つことが多いので、天板についた指脂を拭います。汚れがひどいときは、パソコン用クリーナーか家庭用の電解水クリーナを布につけて拭きます。キーボードは、内部に液が入ってしまうと壊れますので、ウエットティッシュで拭きます。但し、アルコールを使っていないウエットティッシュです。アルコールは、塗装を剥がしてしまうので注意が必要です。
デスクトップパソコンは、ノートパソコンに比べて掃除が簡単です。掃除の前にパソコンの電源プラグを抜き30分待ちます。理由は、プラグを抜いても電気が中に残っているからです。最初にキーボードの掃除です。アルコールが入っていないウエットティッシュで拭きます。次にパソコン本体です。最初に表面を拭きます。次にケースを開けます。ケース内の埃を掃除機で吸います。このとき、中の部品に触れないように注意が必要です。特に風の吹き出し口には埃が厚く積もっていることがあります。これで掃除は終了です。掃除が終わると、パソコンが快適に動くようになった気がします。
掃除の前に、大事なデータはバックアップしておくことも大事なポイントです。
埃が溜まりすぎて故障してしまった手遅れのパソコンは修理にださなくてはなりませんが、パソコン格安修理をしてくれる店舗なら通常の三分の一程度の料金で修理してくれます。
こういった大々的に格安宣言をしている修理店は万が一故障をしてしまった場合にとても親切で良心的に対応してくれます。